児童手当に不満があり定期預金を検討

小さな子供がいる人々は、たまに各種料金に関する不満を抱えています。児童手当があまり大きくないので、不服だと思うケースもあるでしょう。そういった時にローリスクローリターンの商品では、不満感が生じるケースも珍しくありません。ただでさえ手当が少ない訳ですから、リターンが少なければ、それだけ生活にも影響が及ぶからです。

そういった局面で、ケータイバンキングを活用する商品が検討される事は、実は珍しくありません。どういう事かというと、定期預金が検討される訳です。確かに通常タイプの預金商品は、リスクは極めて低めではあります。しかし上記と比べると、定期タイプはリターンは高めになる訳です。それでよく検討されている訳です。

ただしそれを利用するならば、指定紛争解決機関などは確認しておく方が良いでしょう。やはり所定機関をチェックしておく方が、色々と安心感を覚えられる傾向があります。契約前に様々な事柄を確認しておく事は、やはり基本姿勢と言えるでしょう。

 

即日融資が利用可能外国人はどんな人

最近印象的なのが、銀行などで即日融資のカードローンが可能となり、大々的に広告活動に力を入れています。実際に、街中を歩いていても多くの看板を目にするのではないでしょうか。カードローンは、住宅ローンなどのように仮審査、正式審査などややこしいことはなく、今では、免許証ひとつあれば給与証明書などが無くとも審査ができてしまうほど手軽になりました。

そんなカードローンですが、外個人の方も利用ができるのでしょうか。答えは利用できます。ただし、利用可能外国人は以下の通りになります。

・銀行系:ほぼ、100%の確率で利用資格は、永住許可を受けている人に限定されています。
・ノンバンク系:在留カードや外国人登録証明書を持っている方など銀行系に比べ、要件の幅が広くなっています。

このように金融機関の種類によって、要件は異なります。

少々不公平な感じにも受け取れますが、外国人向けの利用可能基準が厳しくなるのは当然なことですもし、外国人でも身分証明書を持っていれば誰でも貸付できるとなっていたら、観光客も対象になります。万が一、返済途中で本国へ帰ってしまったら、回収は難しいでしょう。よって、日本国に滞在がある程度把握できる人が利用可能外国人となっていると考えれば納得ができるでしょう。